book1st新宿店TOP

ブックファースト新宿店ブログ

西新宿徒然日記~其の15~9月1日(木) Kの巻

2011年09月01日

はやいもので今日から9月。

台風接近の影響でむしむしとした朝・・・・・

私事で恐縮ですが、先週突然左腕に激痛が走り、

医者に行ってみたら頸椎の骨に骨棘(こっきょくというそうな)が

見受けられ神経を圧迫しているとの診断。

原因は・・・・加齢によるものだと聞き更にガクン↓

数年前から人差し指にしびれは覚えていたが

放置していたらこんなことに。。。。。

なので、右手でポチポチとキーボードを叩きながら

ブログ書いてます。

そんなモヤモヤの気分を吹っ飛ばすには

フラペチーノのグランデ片手に、こってりした警察小説を

読み込むのが一番! と思っていたら

新潮社から来月、お待ちかね!の作品が2点一挙に出ます。

『転迷 隠蔽操作4』今野敏著/予価1,600円(税抜)/9月22日発売予定

   あの竜崎伸也にまた会える。

   飄々としていながらもすごく人間味を感じるあのキャラクターが大好き。

   当たり前の道理がいかに一般世間の感覚とはずれているのかと

   いうことを、いつも教えられます。

   どんなときも竜崎のように道理を通せられればいいのですが。。。

   さて、今作は娘にもアクシデントが襲うようで・・・一体どんな展開となりますやら。

『警官の条件』佐々木譲著/予価1,900円(税抜)/9月22日発売予定

   今作では、あの加賀谷が帰ってきます。

   警視庁の闇を呑み込んだ男と再び対峙することになる安城和也。

   「警官の血」がドラマ化されたのがもう2年前のこと。

   あの興奮が蘇ります。

今からワクワクしすぎて、却って寝不足の日が続きそうな予感・・・・・。