book1st新宿店TOP

ブックファースト新宿店ブログ

西新宿徒然日記~その1~5月30日(月) Kの巻

2011年05月30日

というわけで、再開しましたこのブログ。

今まで以上に、近刊 新刊に拘らず、色んな情報やお話しを

お届けできればと思っております。

     あら、いとおかし・・・・とお感じいただければ、この上ない喜び。

さて、再開第1回目のご紹介は、

『2011年版 間違いだらけのクルマ選び』

       草思社/徳大寺有恒・島下泰久著/予価1,400円(税込)/6月中旬発売予定

  あの「間違いだらけのクルマ選び」が帰ってきます。終刊から早や5年。

  自動車販売の低迷と共に終刊したのですが、最近のハイブリッド車の広がりや

  ハイブリッド車の代名詞「プリウス」のワゴン版の発表など、また自動車市場が

  活発化してきたことも再刊行の背景にあるようです。

  とはいえ、震災の影響で中古車市場の方が活発であったり、複雑な市場動向です。

  新車の納車も数ヶ月待ちの状態だとか・・・・・。

  尚更、この本でじっくりクルマ選びに時間を費やして、いいお買い物をしていただきたい

  ものです。

  バブル時代は、初版10万部という怪物書籍でした。しかも年度版ですから、スゴイ。

  一時期、確か上期 下期の年2回刊行だったような記憶が。

  1976刊行から終刊の2006年まで累計630万部も売上げたんですから、ホントにスゴイ。

  徳大寺有恒氏の独特の辛口評論が、ただのガイドブックではなく、その時代の交通事情

  を反映したエッセイぽくって読み物としてもオモシロイ1冊です。

     個人的には、TVKの名物番組だった「新車情報」の三本和彦氏の辛口評論が

     大好き。

     今は、「岡崎五朗のクルマでいこう」に変わっちゃいましたけどね。