book1st新宿店TOP

ブックファースト新宿店ブログ

ユング『赤の書』特別定価販売は、2010年12月31日までです!

2010年11月11日

Fゾーン入口近くには、深紅の豪華本があります。お客様に自由にご覧いただいている『赤の書』(創元社)です。

『赤の書』とはカール・グスタフ・ユングが自ら手書きで綴った日記です。日本語版は2010年6月刊行。緻密なタッチで描かれた絵、カリグラフィの文字がとても美しい。

実際に『赤の書』を見ていただくとお分かりいただけますが、ユングが描いた絵は本当に緻密です。心理学にはあまり興味がない方でも、絵の美しさから「手元におきたい」と思うかも。
そして、心理学やユングについて知識のある方にとっては、食い入るように見てしまう一冊ともなるでしょう。

この『赤の書』。大型で分厚くて重厚なのですが、なんと【特別定価¥37,800】でお求めいただけます。
このお値段は2010年12月31日まで。2011年元日からは、¥42,000となります。
しかも、ブックファースト新宿店でお求めいただくと、特典が2つ。
・ポイントカードをご利用いただくと、ポイントがたまります。(平日のお買い上げで378ポイント、日曜・祝日は756ポイントたまります。次のお買い物から、1ポイント1円として100ポイント単位でお使いいただけます)
・日本国内ご指定の場所へ、無料配送!

現在、出版社曰く「人気商品のため、初回印刷分は品切。現在刷り上りを待っている」とのこと。
12月初~中頃には再入荷予定です。
2010年12月31日までの特別定価期間中にお求め下さい。ご注文を承っております。
何はともあれ、まずは店頭にて、見本をご覧くださいませ。