book1st新宿店TOP

ブックファースト新宿店ブログ

夏の100冊 今週のおすすめ

2013年08月16日

世間ではお盆真っ最中ですね。

お休みで旅行やお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

でも何の予定もない!暑くてもういや!という方におすすめの作品。

新潮文庫 『海底二万里』

最近、深海の巨大イカが話題になってますが、これは19世紀版巨大深海謎生物を探す!というお話。

海の生物の記述や大陸、島の地理に関してはほぼ実際存在するものが使われていてリアリティのある設定。

また刊行当時の挿絵もついてます!

大人が読んでも楽しめる冒険作品なのでこの機会にぜひ!

 Dゾーン レジ横 夏の文庫フェア棚にて展開中です。

カテゴリー : スタッフのおすすめ

『ガロア理論の頂を踏む』発売開始!!

2013年08月16日

出版元であるベレ出版の営業の方に刊行前から「期待してください」と折に触れてご紹介いただいていた本書がついに刊行されました。数学をかじったことのある人にとってはあこがれの理論のひとつである「ガロア理論」。著者である石井俊全さんは、この理論の理解・感得を山登りに例え、一歩一歩着実に最短ルートで頂上(ピーク)に至る道筋を丁寧に解説されています。この「渾身の一冊」をGゾーン理学書コーナーにてぜひお手に取ってご覧ください!

カテゴリー :

【現代建築家コンセプト・シリーズ】サイン本集めました。

2013年08月14日

LIXIL出版から発売の現代建築家コンセプト・シリーズ
最新刊の「菊地宏 バッソコンティヌオ 空間を支配する旋律」で15タイトルを超える人気シリーズとなりました。
シリーズ15巻のラインナップは以下の通りです。

  1 藤本壮介――原初的な未来の建築
  2 石上純也――ちいさな図版のまとまりから建築について考えたこと
  3 乾久美子――そっと建築をおいてみると
  4 西沢立衛――西沢立衛建築設計事務所スタディ集
  5 アトリエ・ワン ―― 空間の響き/響きの空間
  6 中村拓志 ――微視的設計論
  7  佐藤淳 ――佐藤淳構造設計事務所のアイテム
  8  平田晃久 ――建築とは〈からまりしろ〉をつくることである
  9  ダブルネガティヴス アーキテクチャー ――塵の眼、塵の建築
 10  西沢大良 木造作品集 2004-2010
 11  長谷川豪|考えること、建築すること、生きること
 12 石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし 
 13 吉村靖孝 | ビヘイヴィアとプロトコル
 14 吉良森子 これまで と これから ― 建築をさがして
 15 菊地宏 バッソコンティヌオ 空間を支配する旋律

このうち、14名の著者の方のサイン本を集め、Gゾーン建築書売場にて好評発売中です。
尚、サイン本には数に限りがございます。なくなり次第終了いたします。お早めの御来店お待ちしております。

※残念ながら【現代建築家コンセプト・シリーズ14 吉良森子 これまで と これから ― 建築をさがして】こちらのタイトルのみサイン本のご用意はございません。ご了承下さい

カテゴリー : スタッフのおすすめ

古市憲寿さんにサインを頂きました!

2013年08月10日

新刊『誰も戦争を教えてくれなかった』が絶賛発売中の古市憲寿さんに御来店いただき、新刊本にイラスト付のサインいただきました。すべて違うイラストで書いてくださったので、どれが手に入るかは買ってからのお楽しみです!

また、直筆のコメントPOPも店頭でご覧になっていただけます。POPは3箇所にありますので、御来店された際には是非店内を探してみて下さい。

*数に限りがあるのでご来店はお早めに。AゾーンA1入り口ワゴン、Eゾーン新刊話題書の棚にて展開中です。

カテゴリー : スタッフのおすすめ

夏の100冊 今週のおすすめ

2013年08月09日

毎日暑い日が続いていますね。そんな時はちょっとぞくっとする本をご紹介。

『23分間の奇跡』集英社文庫

ある日、女教師による授業が始まる。

子どもでも読めるような平易な文章で綴られ、進む物語。

やがて恐怖と、ただならぬ空気がたちのぼる。

そして大きくて深い問題が立ちはだかる。

読み終わった後も物語がなかなか頭と心から離れない凄みのある話。おすすめです。 

Dゾーン レジ前 夏の文庫フェア棚で展開中!

カテゴリー : スタッフのおすすめ