2022/11/28更新

e-honで注文

名称未設定ファイル

品田遊

朝日新聞出版/880円(税込)

非凡な活躍を続ける「ダ・ヴィンチ・恐山」こと品田遊さんがネット世界の虚無を抉り出す!

SNS、クラウドソーシング、人工知能、フェイク・ニュース、管理・監視社会、電脳世界――
現実のリアルな事象をモチーフにした話から、近未来、超未来を舞台にした物語まで、SF、ブラックジョーク、パスティーシュなど様々なジャンルを横断する17篇の短篇集です。

(2022年11月5日発売)

e-honで注文

罪と祈り

貫井徳郎

実業之日本社/957円(税込)

「作家デビュー30年×実業之日本社創業125周年 貫井徳郎文庫作品 連続刊行プロジェクト 第3弾」

息子たちが突きとめる、父親たちの秘密――
警視庁を震撼させた世紀の誘拐事件の真実とは?

貫井徳郎史上最も切なく悲しい誘拐事件、男たちの「絆」と「葛藤」を描く、儚くも哀しい、衝撃の長編ミステリーです。

(2022年10月11日発売)

e-honで注文

定価のない本

門井慶喜

東京創元社/858円(税込)

出版社とも図書館とも違う、かれらにしかできない方法で書物を守る古書店のひとびと。

終戦から1年を経て復興を遂げつつあった東京・神田神保町。その街の一隅で、ひとりの古書店主が人知れずこの世を去った。男は崩落した古書の山に圧し潰され、あたかも商売道具に殺されたかのような皮肉な最期を迎えた。
古くから付き合いがあった男を悼み、同じく古書店主である琴岡庄治は事後処理を引き受けるが――

直木賞作家・門井慶喜さんの真骨頂とも言うべき長編ミステリーです。

(2022年10月19日発売)

e-honで注文

死体を買う男

歌野晶午

講談社/770円(税込)

江戸川乱歩と萩原朔太郎が首吊り自殺の謎に挑む!

乱歩の未発表作品が発見された!?「白骨記」というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶが、
その作品には作者も知らない事実が隠されていた。

二重にも三重にも隠されたカラクリをご堪能あれ!
奇想の歌野ワールドで読者を魅了する、今も色あせない傑作ミステリーです。

(2001年11月15日発売)

e-honで注文

妻の終活

坂井希久子

祥伝社/792円(税込)

そして妻は生涯最後の行動に出た――。

42年連れ添った妻・杏子が末期がんで余命一年を宣告され、70歳を前になお会社に人生を捧げる一ノ瀬廉太郎は愕然とした。

炊事や洗濯など自分の身の回りのことは何もできないのに、子供じみた意地を張るばかりであった夫。妻への後悔と自分の将来に対する不安に襲われた廉太郎は……。

先逝く妻の心情は?残された夫の胸中は?夫婦とは、家族とは? 感涙必至の傑作です!

(2022年10月13日発売)