2021/05/10更新

e-honで注文

岸惠子自伝 - 卵を割らなければ、オムレツは食べられない -

岸惠子

岩波書店/2,200円(税込)

5月1日は私の〈独立記念日〉

 

戦争体験、女優デビュー、人気絶頂期の国際結婚、夫と過ごしたフランスの日々、娘デルフィーヌの逞しい成長への歓びと哀しみ……。川端康成、市川崑ら文化人・映画人たちとの交流や、中東・アフリカの苛酷な取材経験なども織り交ぜた、無鉄砲で潔い88年を円熟の筆で紡ぎ出します。

 

24歳、結婚。そしてその18年後、離婚。2度の〈独立記念日〉である5月1日を刊行日とした渾身の自伝。

 

(2021年5月1日発売)

 

e-honで注文

何がおかしい 新装版

佐藤愛子

中央公論新社/1,430円(税込)

「母の日」に贈る1冊

 

生活のなかにひそむ、無理難題、不条理に怒り爆発!今読んでも新しい、愛子節が全開。

 

女と男、虚栄心、知性と笑い、子育て、教育…、世間の常識、風潮に物申す。『気がつけば、終着駅』と併せて読みたい、超面白スーパーエッセイ。


文字が大きく読みやすくなって帰ってきました!!

 

(2020年11月18日発売)

 

e-honで注文

Day to Day

講談社:編

講談社/1,760 円(税込)

「大型連休にお家で読むおすすめの1冊」

 

「2020年4月1日以降の日本を舞台に、作家に1日ずつ掌編を書いていただく」

 

好きな物語と出会えるサイト「Tree」の連載企画Day to Dayに寄せられた、100人の作家による100作の物語とエッセイをまとめた珠玉の掌編集。

 

コロナ禍のいま、小説家の力で、読書を愛するすべての方に、日々、物語を楽しんでいただけますように。

 

(2021年3月24日発売)

 

 

e-honで注文

正欲

朝井リョウ

新潮社/1,870円(税込)

作家生活10周年記念作品・黒版。
これは共感を呼ぶ傑作か?目を背けたくなる問題作か?

 

息子が不登校になった検事・啓喜。
初めての恋に気づいた女子大生・八重子。
ひとつの秘密を抱える契約社員・夏月。
ある人物の事故死をきっかけに、それぞれの人生が重なり合う。

しかしその繋がりは、"多様性を尊重する時代"にとってひどく不都合なものだった――。


あなたの想像力の外側を行く、気迫の書下ろし長篇です。

 

(2021年3月24日発売)

 

e-honで注文

純猥談 - 一度寝ただけの女になりたくなかった -

純猥談編集部

河出書房新社/1,320円(税込)

ツイッター投稿サイト「純猥談」に寄せられた1万件超の体験談から、人気作を書籍化。

・だれもが通りうる人生のシーンや関係性を題材に描かれている。
・自身の心情や情景の表現がこまやかに描かれている。
・恋慕や性欲など性愛にまつわる感情がありのままに描かれている。
3つの要素を含み、読者が自分の経験や感情を投影でき、追体験することでより感情を掻き立てる、5分で切ないショートストーリー。

 

“私が主人公だったかもしれない”性愛にまつわる誰かの体験談です。

 

(2021年2月24日発売)