抽出期間:2018.7.16~2018.7.22

1
→

e-honで注文

何を捨て何を残すかで人生は決まる

本田 直之

青春出版社/本体860円+税

忙しく働いているのに、金銭的な余裕を感じられない。気が付くとスケジュールが埋まり、自分の時間が減っている。いつの間にか付き合う人の多くが、仕事関係の人ばかりになっている。

2
新着

e-honで注文

昭和の怪物 七つの謎

保阪 正康 

講談社/本体880円+税

昭和史研究の第一人者が出会った「戦争の目撃者たち」。東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した「歴史の闇」に迫る。

3
↓

e-honで注文

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい - 人生100年時代の個人M&A入門 -

三戸 政和

講談社/本体840円+税

脱サラ、定年で飲食業、起業は「地獄」への一本道。キャリアを生かして個人M&Aで社長になろう。人生を変える「明るい資本家講座」

4
新着

e-honで注文

不倫

中野 信子

文藝春秋/本体830円+税

バレたら仕事も地位も家族も金銭も失うとわかっているのに、なぜ人は不倫をやめられないのか?社会が過剰な不倫バッシングに走りがちになるのはなぜなのか?最新脳科学の知見をもとに、進化の過程で人類が選択した「生存戦略」、「社会的制裁」の謎に迫る!

5
↑

e-honで注文

池上彰の世界を知る学校

池上 彰

朝日新聞出版/本体850円+税

今を読み解くキーワード、グローバリズムを正しく理解できる最強の教科書!

6
↓

e-honで注文

未来の年表(2) - 人口減少日本であなたに起きること -

河合 雅司 

講談社/本体840円+税

少子高齢社会のリアルな脅威は、何気ない日常にこそ潜んでいます。10年後、20年後、あなたの身に迫る事態を一覧にしました。今からあなたにできる「メニュー」8つも提案。

7
↑

e-honで注文

テンプル騎士団

佐藤 賢一

集英社/本体900円+税

十二世紀初頭に誕生した「テンプル騎士団」は、もともとエルサレム巡礼に向かう人々の保護のために設立された。

8
↓

e-honで注文

友だち幻想 - 人と人の〈つながり〉を考える -

菅野 仁 

筑摩書房/本体740円+税

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり”を築けるようになるための本。

9
↑

e-honで注文

会社人生、五十路の壁 - サラリーマンの分岐点 -

江上 剛 

PHP研究所/本体880円+税

「五十にして天命を知る」と孔子は言った。しかし、実際の50代は「迷い、惑う」年代だ。

10
↓

e-honで注文

ぼくらの死生観 - 英霊の渇く島に問う -

新書版「死ぬ理由、生きる理由」

青山 繁晴

ワニ・プラス/本体920円+税

「にっぽん丸 小笠原・硫黄島クルーズ」(2014年5月25日~30日)で3回にわたって行われた青山繁晴氏の講演「海から祖国が甦る」。第二次世界大戦末期、アメリカ軍との激戦の末に占領され、返還後は立ち入り禁止となっている硫黄島。この島には今も、1万1千人以上の兵士の方々のご遺骨が取り残されたままである。