抽出期間:2022.7.18~2022.7.24

1
→

e-honで注文

80歳の壁

和田 秀樹 

幻冬舎/990円(税込)

人生100年時代だが、80歳を目前に寝たきりや要介護になる人は多い。

老年医学の専門家が、「食べたいものを食べる」「血圧・血糖値は下げなくていい」など、ラクして「80歳の壁」を超えて寿命を伸ばすヒントを教えます。

2
↑

e-honで注文

22世紀の民主主義

成田 悠輔 

SBクリエイティブ/990円(税込)

「断言する。若者が選挙に行って「政治参加」したくらいでは日本は何も変わらない。もっと大事なことは、選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体をどう作り変えるか考えることだ。」

イェール大学・成田悠輔助教授による“
22世紀に向けて、読むと社会の見え方が変わる書”です。

3
↓

e-honで注文

第三次世界大戦はもう始まっている

エマニュエル・トッド

文藝春秋/858円(税込)

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて緊急出版。

戦争が長期化する消耗戦の中で、経済における“ヴァーチャル”対“リアル”の戦いがこれから始まるだろう。
歴史人口学者・家族人類学者のトッド氏が、ウクライナ戦争を読み解きます。

4
新着

e-honで注文

漂流 日本左翼史 - 理想なき左派の混迷 1972-2022 -

池上 彰/佐藤 優

講談社/968円(税込)

労働運動の攻防、社会党の衰退、国鉄解体の衝撃。左翼はもう存在感を取り戻せないのか?

累計13万部突破の「日本左翼史」シリーズ第3弾です。

5
新着

e-honで注文

日本人の真価

藤原 正彦 

文藝春秋/935円(税込)

美意識と武士道精神で、危機の時代を生き抜く。

ベストセラー『国家の品格』の著者が、国政、コロナウイルス、ウクライナ戦争、中国、韓国などについて鋭く本質を射抜きます。

6
↑

e-honで注文

ストレス脳

アンデシュ・ハンセン

新潮社/1,100円(税込)

なぜ、いまだに人は「不安」から逃れられないのか?

病気や飢餓などのリスクを克服し、かつてないほど快適に生きられるようになった
人類。だが、うつや不安障害は増加の一途…。
最新研究をもとにストレスと付き合うための「脳の処方箋」を、精神科医がわかりやすく解説します。

7
↑

e-honで注文

老いの品格 - 品よく、賢く、おもしろく -

和田 秀樹 

PHP研究所/1,023円(税込)

老いることに勇気が湧き、老いを楽しみたくなる!

魅力的な理想の老人を「品のある老人」「賢い老人」「おもしろい老人」の3つのカテゴリーに分けて解説70代、80代を安心して快活に生きる方法を説きます。

8
↓

e-honで注文

70歳が老化の分かれ道

和田 秀樹

詩想社/1,100円(税込)

70代の生き方が、その人の「老化の速さ」、「寿命」を決める!


日々の生活習慣から、医療とのかかわり方、健康管理についてなど、自立した晩年をもたらす70代の健康術を説きます。

9
新着

e-honで注文

平氏 - 公家の盛衰、武家の興亡 -

倉本 一宏 

中央公論新社/1,012円(税込)

将門、清盛だけではない、日本史を動かした一族。

清盛の一家以外にも歴史に名をとどめる平氏は数多く、鎌倉幕府を支えた御家人(北条氏、梶原氏、三浦氏など)の多くは平氏出身とされる。

公家・武家にわたる平氏の全貌を明らかにします。

10
新着

e-honで注文

昭和の参謀

前田 啓介 

講談社/1,430円(税込)

石原莞爾、辻政信、瀬島龍三…「日本の頭脳」たちの栄光と蹉跌に迫る!

陸軍大学校を優秀な成績で卒業し、軍の中枢で作戦を立案してきたエリートたち
は、どのような人生を歩んだのか。軍服を脱いだ後の生き様にも迫り、日本社会にとって「参謀」とは何だったのかを考えます。