抽出期間:2018.11.12~2018.11.18

1
→

e-honで注文

日本が売られる

堤 未果 

幻冬舎/本体860円+税

水と安全はタダ同然、医療と介護は世界トップ。そんな日本に今、とんでもない魔の手が伸びているのを知っているだろうか?

2
↑

e-honで注文

払ってはいけない - 資産を減らす50の悪習慣 -

荻原 博子 

新潮社/本体760円+税

「持病があっても入れる保険に、飛びついてはいけない」「銀行の窓口に、行ってはいけない」――家族で読みたい資産防衛術・決定版。

3
新着

e-honで注文

知ってはいけない(2)

矢部 宏治

講談社/本体880円+税

安倍首相の祖父が“日本を売った”3つの密約とは?4コマまんがでもわかりやすく解説!

4
↓

e-honで注文

論破力

ひろゆき

朝日新聞出版/本体810円+税

ネットで「論破王」と評判のひろゆきが、究極の議論の作法を全部明かす!

5
↑

e-honで注文

新装版 役人道入門

久保田 勇夫

中央公論新社/本体880円+税

6
↓

e-honで注文

仕事にしばられない生き方

ヤマザキ マリ 

小学館/本体880円+税

チリ紙交換のバイトに始まり、絵描き、大学教師、テレビリポーター、普通の勤め人等々、経験した職業は数知れず。

7
↑

e-honで注文

あぶない家計簿

横山 光昭

日本経済新聞出版社/本体850円+税

月40万円、50万円以上の収入があるのに毎月赤字、貯金がわずか…そんな「隠れ貧困」の家庭が今目立ってきています。なぜ“あぶない家計”になるのか。会話ゼロで家計がブラックボックス化、妻の浪費癖を止められない、「子どもの教育のため」で老後資金ゼロ、無理なローンで破綻寸前など実例をもとに人気FPが紹介。陥りがちな落とし穴を指摘し、家計改善のヒントを紹介します。

8
↑

e-honで注文

情報戦争を生き抜く

津田 大介

朝日新聞出版/本体910円+税

ソーシャルメディアに蔓延するフェイクニュースやデマ。それを抑制するにはどうすればいいのか!?ネットの「市井の意見」は本当に世論か、それとも“業者”によって巧みに作られたものか―?ソーシャルメディアでの情報操作は、いまや世界で最も深刻な問題の一つであり、情報を読み解く力(メディアリテラシー)がこれほどまで必要不可欠な時代はいまだかつてない。ソーシャルネットワークの際限ない肥大化を斬る、メディア・アクティビストの最新情報社会学論!

9
↑

e-honで注文

日本史の論点 - 邪馬台国から象徴天皇制まで -

中公新書編集部

中央公論新社/本体880円+税

「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」。しかし鎌倉幕府の成立を1192年とする見方は今や少数派だ、といった話を聞いたことがある人も多いだろう。日本史の研究は日々蓄積され、塗り替えられている。

10
↑

e-honで注文

論語と算盤

澁沢 栄一/守屋 淳

筑摩書房/本体820円+税

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。