抽出期間:2019.03.11~2019.03.17

1
→

e-honで注文

一切なりゆき

樹木 希林 

文藝春秋/本体800円+税

2
→

e-honで注文

妻のトリセツ

黒川 伊保子

講談社/本体800円+税

いつも不機嫌、理由もなく怒り出す、突然10年前のことを蒸し返す、など、耐え難い妻の言動…。ベストセラー『夫婦脳』『恋愛脳』の脳科学者が教える、理不尽な妻との上手な付き合い方。

3
→

e-honで注文

お金の流れで読む日本と世界の未来

ジム・ロジャーズ

PHP研究所/本体920円+税

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される著者。彼はこれまで、その独自の投資眼からリーマンショック、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、数多くの「予言」を的中させてきた。そんな伝説の投資家は、日本と東アジア経済の未来をどう見るのか。「5年後、アジアで1番幸せな国はどこか?」をテーマに、日中韓の将来を「お金の流れ」から鮮やかに読みとく。日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱…「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。

4
新着

e-honで注文

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

中川 裕

集英社/本体900円+税

5
→

e-honで注文

なぜ必敗の戦争を始めたのか

半藤 一利

文藝春秋/本体880円+税

軍参謀たちによる幻の座談会があった。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無謀といわれるアメリカとの戦争に突入したのか、陸軍中枢にいたエリートが真実を語り尽くす。昭和史の第一人者、半藤一利氏による書き下ろし解説付き。

6
↑

e-honで注文

日本進化論

落合 陽一

SBクリエイティブ/本体800円+税

人口減少、超高齢社会、社会保険の破綻…など、ますます将来が見通せなくなっている今、日本を再起動するために、私たちは、何をどう考えるべきなのか。ミレニアル世代注目の論客と、次世代リーダーたちが、日本の本質的な論点と、次の時代への指針を示す。ニコニコ生放送で話題になった「平成最後の夏期講習」を下敷きに、著者が大幅に加筆。

7
↑

e-honで注文

続・孤独のすすめ

五木 寛之

中央公論新社/本体780円+税

孤独に怯えることはない豊かさを愉しめばいい。30万部のベストセラー『孤独のすすめ』、待望の続編!世に流布する「孤独論」を退ける、真の「孤独論」がここに完成した。

8
↓

e-honで注文

仕事と心の流儀

丹羽 宇一郎

講談社/本体860円+税

つらい仕事ほど、人を成長させる―日々奮闘する、すべての人に贈る「働くこと」の本質を語った珠玉のメッセージ。

9
新着

e-honで注文

セイバーメトリクスの落とし穴

お股ニキ

光文社/本体920円+税

10
↓

e-honで注文

思いつきで世界は進む

橋本 治

筑摩書房/本体780円+税

「あんな時代もあったよね」と懐かしんで振り返ることができないここ数年の怒涛の展開。国会でも巷でも、まともな議論はなりたたないし、小難しいことを言われると、言ってくる相手に怒りを覚えるような輩だらけ。さらには、世界も日本も、バカが偉くなってしまい、それに疑問をもつことにも麻痺しちゃっている今日この頃。そんな世の中に起きた日常の変化から世界的な事象までを見渡した時評集。