抽出期間:2022.5.16~2022.5.22

1
→

e-honで注文

80歳の壁

和田 秀樹 

幻冬舎/990円(税込)

人生100年時代だが、80歳を目前に寝たきりや要介護になる人は多い。

老年医学の専門家が、「食べたいものを食べる」「血圧・血糖値は下げなくていい」など、ラクして「80歳の壁」を超えて寿命を伸ばすヒントを教えます。

2
新着

e-honで注文

一汁一菜でよいと至るまで

土井 善晴 

新潮社/902

料理に失敗なんて、ない。

「一汁一菜」というスタイルを築いた料理研究家・土井善晴さん。
その笑顔にこめられた「人を幸せにする」料理への思い、ベストセラー『一汁一菜でよいという提案』に至るまでの道のりを綴ります。

3
↑

e-honで注文

70歳が老化の分かれ道

和田 秀樹

詩想社/1,100円(税込)

70代の生き方が、その人の「老化の速さ」、「寿命」を決める!


日々の生活習慣から、医療とのかかわり方、健康管理についてなど、自立した晩年をもたらす70代の健康術を老年医学の専門家が説きます。

4
↑

e-honで注文

70代で死ぬ人、80代でも元気な人

和田 秀樹 

マガジンハウス/1,100円(税込)

70歳が人生のターニングポイント!

「元気な80代を迎えるための心がけ」から「老化に負けない生活習慣」「70代、80代の健康学」まで。

老年医学の専門家が、健康長寿への処方せんをお届けします!

5
↓

e-honで注文

物語ウクライナの歴史 - ヨーロッパ最後の大国 -

黒川 祐次

中央公論新社/946円(税込)

ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも、独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し続けたウクライナ。

スキタイの興亡から1991年の新生ウクライナ誕生まで、この地をめぐる歴史を俯瞰し、知られざる「大国」の素顔に迫ります。

6
新着

e-honで注文

10分で名著

古市 憲寿 

講談社/990円(税込)

名著を読まなくても楽しめる、虫のよいガイド本が誕生!

『神曲』『源氏物語』『わが闘争』『資本論』…「手に取ってみたけれど、挫折した」という人も、あきらめるのはまだ早い!
古市憲寿さんと斎藤哲也さんの名コンビがおくる、名著ショートカットです。

7
↑

e-honで注文

ウイルス学者の責任

宮沢 孝幸 

PHP研究所/1,078円(税込)

不可解で過剰なコロナ対策、ワクチンへの拭い切れない疑問…ウイルス学者として訴えるべきことがある!

SNSでいち早く新型コロナ対策を呼びかけた研究者が、COVID-19から学ぶべき教訓を語り、警鐘を鳴らします。

8
↓

e-honで注文

現代思想入門

千葉 雅也 

講談社/990円(税込)

人生を変える哲学が、ここにある――。

「物事を二項対立で捉えない」「人生のリアリティはグレーゾーンに宿る」など、哲学者/小説家としても活躍する著者が、現代思想の真髄をかつてない方法で書き尽くした「入門書」の決定版です。

9
新着

e-honで注文

基礎からわかる論文の書き方

小熊 英二 

講談社/1,320円(税込)

学問の「型」を理解すれば、勉強はもっと楽しくなる。

アリストテレス『弁論術』に学ぶ説得の技法、「結論を先に言え」は古代からあった etc…大学の双方向授業をもとにした「論文入門」の決定版です。社会人にもオススメ!

10
↓

e-honで注文

60歳から食事を変えなさい

森 由香子 

青春出版社/1,100円(税込)

60歳を過ぎると、同じ年齢でも、若々しく元気な人と老け込んで病気がちな人に分かれる。その大きな要因のひとつが食生活。

4,000人以上の患者と向き合ってきた管理栄養士が、60歳からの食事のコツとその理由を、様々な観点から紹介します。