抽出期間:2018.7.30~2018.8.5

1
新着

e-honで注文

新・酔いどれ小籐次(12)夏の雪

佐伯 泰英

文藝春秋/本体740円+税

将軍とのお目見えがなった小籐次は見事な芸を披露して喝采を浴びる。そして届いた大量の祝い酒の始末に困ったが、妙案を思いつき…。

2
↓

e-honで注文

ユートピア

湊 かなえ 

集英社/本体640円+税

太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。事故が原因で車椅子生活を送る小学生・久美香と、彼女を広告塔に支援団体を立ち上げる大人たち。善意が人間関係を歪める緊迫の心理ミステリ。

3
↓

e-honで注文

人魚の眠る家

東野 圭吾

幻冬舎/本体730円+税

「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた播磨和昌と薫子に突然の悲報が届く。娘がプールで溺れた――。病院で彼等を待っていたのは、〝おそらく脳死〟という残酷な現実。一旦は受け入れた二人だったが、娘との別れの直前に翻意。医師も驚く方法で娘との生活を続けることを決意する。狂気とも言える薫子の愛に周囲は翻弄されていく。

4
↑

e-honで注文

あの家に暮らす四人の女

三浦 しをん 

中央公論新社/本体680円+税

ここは女たちの地上の楽園?! シングルだけど、〝一人〟じゃない。女たちの本音と夢があふれ出す、阿佐ヶ谷の古びた洋館・牧田家。家の平和を守る老人、「開かずの間」の秘密、ストーカー男の闖入など、今日も牧田家の暮らしは豊かでかしましい。

5
↓

e-honで注文

また、同じ夢を見ていた

住野 よる

双葉社/本体657円+税

250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。

6
↑

e-honで注文

父からの手紙

小杉 健治 

光文社/本体648円+税

家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。

7
新着

e-honで注文

ツバキ文具店

小川 糸

幻冬舎/本体600円+税

鎌倉で小さな文具店を営むかたわら、手紙の代書を請け負う鳩子。今日も風変わりな依頼が舞い込みます。

8
↑

e-honで注文

ケーキ王子の名推理(3)

七月 隆文 

新潮社/本体550円+税

お待ちかねの修学旅行は青い海きらめく沖縄。ケーキ大好き女子高生・未羽は、ビーチで高校生パティシエ大広漣と知り合い、その積極的なお誘いに押されデートの約束をする。最近なぜか不機嫌な颯人からは、漣も出場するコンクールのアシスタントに「お前しかいない」と頼まれ…何この板挟み状態っ!そして迎える大会の日。ケーキを愛する2人の甘くて熱い青春スペシャリテ第3弾。

9
↓

e-honで注文

下町ロケット ガウディ計画

池井戸 潤

小学館/本体720円+税

ロケットのエンジン部品開発で倒産の危機を切り抜けてから数年。またしても窮地に立たされた佃製作所に、ある医療機器の開発依頼が舞い込んだ。ロケットから人体へ――佃製作所の新たな挑戦が始まる。待望の文庫化!

10
↑

e-honで注文

水曜日の凱歌

乃南 アサ

新潮社/本体940円+税

昭和20年8月15日水曜日。戦争が終わったその日は、女たちの戦いが幕を開けた日。世界のすべてが反転してしまった日―。