抽出期間:2018.10.1~2018.10.7

1
↑

e-honで注文

コンビニ人間

村田 沙耶香 

文藝春秋/本体580円+税

「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

2
↓

e-honで注文

ビブリア古書堂の事件手帖 - ~扉子と不思議な客人たち~ -

三上 延

KADOKAWA/本体610円+税

驚異のミリオンセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ最新刊

3
↑

e-honで注文

日日是好日

森下 典子 

新潮社/本体550円+税

五感で季節を味わう喜び、今ここに自分が生きている満足感、人生の時間の奥深さ……「お茶」に出会って知った、発見と感動の体験記。

4
↑

e-honで注文

ひなた弁当

山本 甲士 

小学館/本体620円+税

逆境に陥った中年サラリーマンの復活物語

5
↓

e-honで注文

花だより みをつくし料理帖 特別巻

髙田 郁 

角川春樹事務所/本体600円+税

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。

6
↑

e-honで注文

スマホを落としただけなのに

志駕 晃 

宝島社/本体650円+税

第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品は、二転三転する恐怖のサイバーサスペンスです!

7
↑

e-honで注文

人魚の眠る家

東野 圭吾

幻冬舎/本体730円+税

「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた播磨和昌と薫子に突然の悲報が届く。娘がプールで溺れた――。病院で彼等を待っていたのは、〝おそらく脳死〟という残酷な現実。一旦は受け入れた二人だったが、娘との別れの直前に翻意。医師も驚く方法で娘との生活を続けることを決意する。狂気とも言える薫子の愛に周囲は翻弄されていく。

8
↑

e-honで注文

長流の畔

宮本 輝 

新潮社/本体710円+税

昭和38年、松坂熊吾は会社の金を横領され金策に奔走していた。

9
↓

e-honで注文

陽気なギャングは三つ数えろ

伊坂 幸太郎 

祥伝社/本体690円+税

230万部の人気シリーズ!嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女──天才強盗4人組に、最凶最悪のピンチ!

10
新着

e-honで注文

禁裏付雅帳(7)仕掛

上田 秀人 

徳間書店/本体660円+税

激闘の末、朝廷の罠をなんとか切り抜けた禁裏付の東城鷹矢。しかし、次なる試練が迫る。大人気シリーズ、圧巻の第七弾!