抽出期間:2021.1.18~2021.1.24

1
↑

e-honで注文

冬の光

篠田 節子

文藝春秋/968円(税込)

【第27回「PUSH!1st.」作品】

 

高度経済成長期の企業戦士であり良き家庭人だった父は、四国遍路を終えて冬の海に消えた。父の足跡を辿る娘が見たものとは?

 

家族と男女関係の先に横たわる人間存在の危うさをあぶりだす、圧倒的長編小説です。

2
↑

e-honで注文

警視庁追跡捜査係 - 時効の果て -

堂場 瞬一

角川春樹事務所/858円(税込)

「何だ、これは?」追跡捜査係の頭脳・西川大和は思わず声を上げた──。
「おいおい……」ベテラン刑事・岩倉剛はコンビニエンスストアの前で固まった──。
2人を驚愕させた週刊誌の見出しは、31年前に迷宮入りした事件の新証言。

 

捜査を阻む“時の壁”に挑む、書き下ろし長編警察小説です。

3
↑

e-honで注文

JR上野駅公園口

柳 美里

河出書房新社/660円(税込)

生者と死者が共存する土地・上野公園で彷徨う一人の男の魂。

 

1933年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――。東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じて描かれる死者への祈り、そして日本の光と闇。

居場所を失くしたすべての人へ贈る物語です。

 

 

4
↑

e-honで注文

麦本三歩の好きなもの(1)

住野 よる

幻冬舎/693円(税込)

麦本三歩には好きなものがたくさんある。

歩くこと。寝坊すること。本を読むこと。食べること。

 

何も起こらない毎日だけどなんだか幸せ。そんな三歩の日常を描いた、心温まる連作短篇集です。

 

5
↓

e-honで注文

惣目付臨検仕る - 抵抗 -

上田 秀人

光文社/704円(税込)

将軍徳川吉宗から道中奉行副役の職を解かれ、新たに惣目付を任じられた水城聡四郎。

江戸城すべての者を敵に回すことになり、城内の魑魅魍魎が動きだした。

 

「勘定吟味役異聞」、「御広敷用人 大奥記録」、「聡四郎巡検譚」に続く、水城聡四郎最後のシリーズがついに開幕!

6
↓

e-honで注文

ギフト

原田 マハ

ポプラ社/682円(税込)

忙しさの中で見落としている「贈り物」をあなたへ。

 

たとえば海の明るさに、手の温もりに、なにげないひとことや一本道に、あの人のジャケットに、ときには助けられることがある。

 

日常の中に潜む小さな幸せを描き出す、20のショートストーリーです。

7
↑

e-honで注文

対岸の彼女

角田 光代

文藝春秋/704円(税込)

結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。

 

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが…。

 

現代を生きる女性の友情と亀裂を描く長編小説です。

8
↓

e-honで注文

おもかげ

浅田 次郎

講談社/924円(税込)

エリート会社員として定年まで勤め上げた竹脇は、送別会の帰りに地下鉄で倒れ意識を失う。彼の意識は集中治療室からさまよいだして――。

孤独な幼少期、幼くして亡くした息子、そして…。

 

人生のすべてが詰まった、浅田文学の新たな金字塔です。

9
新着

e-honで注文

ブロードキャスト

湊 かなえ

KADOKAWA/726円(税込)

ラジオドラマづくりに懸けた青春が、いま始まる!

 

中学時代、駅伝で全国大会を目指していた圭祐は、あと少しのところで出場を逃した。

高校入学後、とある理由によって競技人生を断念した圭祐は、放送部に入部。新たな居場所で再び全国を目指す。

 

諦められない夢がある人に贈る、極上の青春小説です。

10
↑

e-honで注文

そして、バトンは渡された

瀬尾 まいこ

文藝春秋/814円(税込)

幼い頃に母を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。高校生の今は20歳しか離れていない“父”と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、家族に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。

 

身近な人が愛おしくなる感動作です。