抽出期間:2017.11.13~2017.11.19

1
新着

e-honで注文

島抜けの女 鎌倉河岸捕物控(31)

佐伯 泰英 

角川春樹事務所/本体690円+税

宗五郎たちが江戸を不在にしていたある日、政次は、北町奉行小田切直年の内与力嘉門與八郎に呼び出された。夜桜お寅なる女賊が島抜けをし、「小田切奉行に恥をかかせて恨みを晴らす」と言って江戸に潜んでいるという。その同じ頃、金座裏では、愛猫の菊小僧が忽然と消えた。一方宗五郎たちは、京での当代豊島屋十右衛門の本祝言前に、のんびりとお伊勢参りを愉しんでいた―北町奉行と金座裏の絶対絶命の危機に、政次たちが昴然と立ち向かう!大ベストセラー・ノンストップエンターテインメント時代小説、ますます絶好調。

2
→

e-honで注文

キャプテンサンダーボルト(上)

阿部 和重/伊坂 幸太郎

文藝春秋/本体720円+税

ゴシキヌマの水をよこせ―
突如として謎の外国人テロリストに狙われることになった相葉時之は、逃げ込んだ映画館で旧友・井ノ原悠と再会。小学校時代の悪友コンビの決死の逃亡が始まる。破壊をまき散らしながら追ってくる敵が狙う水の正体は。話題の一気読みエンタメ大作、遂に文庫化。本編開始一時間前を描く掌編も収録!

3
↓

e-honで注文

日の名残り

カズオ・イシグロ/土屋 政雄

早川書房/本体760円+税

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

4
↓

e-honで注文

サラバ!(上)

西 加奈子 

小学館/本体630円+税

僕はこの世界に左足から登場した――。 圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。 そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

5
新着

e-honで注文

金の権能 日雇い浪人生活録(4)

上田 秀人

角川春樹事務所/本体640円+税

江戸屈指の両替商分銅屋に、仕事への誠実さを買われ、用心棒として雇われた浪人・諫山左馬介。しかし、田沼意次の財政改革に手を貸す分銅屋を警戒し、用心棒の左馬介を狙ってきた旗本田野里の家臣を返り討ちにしたことで、心に重い枷を負うことに。この一件で、町方にも目を付けられた左馬介は、武士たちによる政の世界と、商人たちが担う財の世界の狭間で、いかにして立ち回るのか―。大人気「日雇い浪人生活録」シリーズ第四作。

6
→

e-honで注文

キャプテンサンダーボルト(下)

阿部 和重/伊坂 幸太郎

文藝春秋/本体700円+税

謎の疫病「村上病」。太平洋戦争末期に蔵王山中に墜落した米軍機。世界同時多発テロ計画。これらに端を発する陰謀に巻き込まれた相葉と井ノ原は、少年時代の思い出を胸に勝負に出た。ちりばめられた伏線が反撃のために収束する、謎とアクション満載の100%徹夜エンタメ!巻末に書き下ろし掌編小説を収録する。

7
新着

e-honで注文

ハーディ(上)

真山 仁

講談社/本体640円+税

ミカドホテルが世界的リゾートグループに狙われた。創業家の長女・松平貴子の奮闘が始まる。待望のハゲタカシリーズ最新刊!

8
新着

e-honで注文

あやかしお宿の勝負めし出します。

友麻 碧

KADOKAWA/本体620円+税

大旦那様の行方を追う葵に、妖都の伝統料理が立ちふさがる――! かくりよの中心・妖都へ向かった大旦那様が行方不明に。天神屋史上最大の危機に動揺する葵は、お帳場長の白夜から密命を受けた。それは妖都行きの宙船に、食事処“夕がお”の屋台を出して出張営業することで……!?

9
新着

e-honで注文

藪医 ふらここ堂

朝井 まかて

講談社/本体780円+税

天野三哲は江戸の小児科医。「面倒臭ぇ」が口癖の近所でも有名な藪医者だ。ところが、ひょんなことから患者が押し寄せてくる羽目に!

10
↑

e-honで注文

君たちはどう生きるか

吉野 源三郎 

岩波書店/本体970円+税

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。