抽出期間:2021.2.15~2021.2.21

1
→

e-honで注文

あきない世傳 金と銀(10) - 合流篇 -

髙田 郁

角川春樹事務所/682円(税込)

呉服仲間を追われ、呉服商いを断念することになった五鈴屋江戸本店。

だが、幸や奉公人たちは、新たな盛運の芽生えを信じ、これまでにない浴衣地の開発に挑む。

 

最大の危機は最高の好機になり得るのか?五鈴屋の快進撃に胸躍る、シリーズ第10弾!

2
↑

e-honで注文

ファーストラヴ

島本 理生

文藝春秋/781円(税込)

父親殺害の容疑で逮捕された女子大生・環菜。アナウンサー志望という経歴も相まって、事件は大きな話題となるが、動機は不明であった。

臨床心理士の由紀が執筆のため環菜や周囲の人々へ取材をするうち、彼女の過去が次第に明らかになる。

 

公開中の映画『ファーストラヴ』の原作小説です。

3
↓

e-honで注文

新・酔いどれ小籐次(20) - 三つ巴 -

佐伯 泰英

文藝春秋/814円(税込)

4
↑

e-honで注文

JR上野駅公園口

柳 美里

河出書房新社/660円(税込)

生者と死者が共存する土地・上野公園で彷徨う一人の男の魂。

 

1933年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――。東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じて描かれる死者への祈り、そして日本の光と闇。

居場所を失くしたすべての人へ贈る物語です。

5
↑

e-honで注文

対岸の彼女

角田 光代

文藝春秋/704円(税込)

結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。

 

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが…。

 

現代を生きる女性の友情と亀裂を描く長編小説です。

6
↑

e-honで注文

ブロードキャスト

湊 かなえ

KADOKAWA/726円(税込)

ラジオドラマづくりに懸けた青春が、いま始まる!

 

中学時代、駅伝で全国大会を目指していた圭祐は、あと少しのところで出場を逃した。高校入学後、とある理由によって競技人生を断念し、放送部に入部。新たな居場所で再び全国を目指す。

 

諦められない夢がある人に贈る、極上の青春小説です。

7
↑

e-honで注文

バイバイ、ブラックバード 新装版

伊坂 幸太郎

双葉社/748円(税込)

星野一彦の最後の願いは、何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、5人の恋人たちに別れを告げること。

見張り役の粗暴な大女・繭美とのなんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリーです。

 

【特別収録】伊坂幸太郎さんロングインタビュー

8
↑

e-honで注文

オーストリア滞在記

中谷 美紀

幻冬舎/825円(税込)

女優・中谷美紀さんの、田舎暮らしは忙しい。

 

ドイツ人男性と結婚し、想像もしなかったオーストリアでの田舎暮らしが始まった。料理、庭仕事、ドイツ語レッスン、ご近所付き合い…。

 

中谷さんのかけがえのない日常を綴った日記エッセイです。

9
↓

e-honで注文

鬼を待つ

あさの あつこ

光文社/770円(税込)

ある日おこった喧嘩がもとの首つり。町方からすれば“些末な事件”だったが、怪我を負った方の男が後日惨殺され事態は大きく進展する。

北町奉行所定町廻り同心の木暮信次郎と、岡っ引の伊佐治が辿り着いた衝撃の真相とは?

 

大人気「弥勒シリーズ」第9弾です。

10
↑

e-honで注文

蒼海館の殺人

阿津川 辰海

講談社/1,210円(税込)

館が沈めば、探偵も、犯人も、全員死ぬ。

 

学校に来なくなった「名探偵」の葛城に会うため、僕はY村の青海館を訪れた。

名士ばかりの葛城の家族に歓待され夜を迎えるが、激しい雨が降り続くなか、連続殺人の幕が上がる。

 

『紅蓮館の殺人』続編、精美にして極上の本格ミステリーです。