抽出期間:2018.9.3~2018.9.9

1
↑

e-honで注文

花だより みをつくし料理帖 特別巻

髙田 郁 

角川春樹事務所/本体600円+税

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。

2
↑

e-honで注文

コンビニ人間

村田 沙耶香 

文藝春秋/本体580円+税

「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

3
→

e-honで注文

ひなた弁当

山本 甲士 

小学館/本体620円+税

逆境に陥った中年サラリーマンの復活物語

4
↓

e-honで注文

ポイズンドーター・ホーリーマザー

湊 かなえ 

光文社/本体600円+税

湊かなえの原点ともいえるイヤミスの粋を尽くし、第155回直木賞にもノミネートされて話題となった傑作集がついに文庫化!

5
↓

e-honで注文

王とサーカス

米澤 穂信 

東京創元社/本体860円+税

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、編集者から海外旅行特集の協力を頼まれ、事前調査のためネパールに向かう。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を送ろうとしていた太刀洗だったが、王宮では国王をはじめとする王族殺害事件が勃発。

6
↓

e-honで注文

人魚の眠る家

東野 圭吾

幻冬舎/本体730円+税

「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた播磨和昌と薫子に突然の悲報が届く。娘がプールで溺れた――。病院で彼等を待っていたのは、〝おそらく脳死〟という残酷な現実。一旦は受け入れた二人だったが、娘との別れの直前に翻意。医師も驚く方法で娘との生活を続けることを決意する。狂気とも言える薫子の愛に周囲は翻弄されていく。

7
↑

e-honで注文

西一番街ブラックバイト - 池袋ウエストゲートパーク(12) -

石田 衣良 

文藝春秋/本体650円+税

勤め先の店で無能扱いされた若者が自殺を図る。マコトはブラック企業の悪辣さを暴くことができるのか!?IWGPシリーズ第12作。

8
↑

e-honで注文

武士道ジェネレーション

誉田 哲也 

文藝春秋/本体740円+税

あれから6年。早苗は結婚し、香織は指導の日々だったが、玄明先生が倒れ道場が存続の危機に。番外編も収録! 好評シリーズ第4弾。

9
新着

e-honで注文

星界の戦旗(6)

森岡 浩之 

早川書房/本体660円+税

人類史上最大の戦闘の末、“アーヴによる人類帝国”は帝都ラクファカールを失陥した。

10
↓

e-honで注文

あなたの人生、片づけます

垣谷 美雨

双葉社/本体648円+税

社内不倫に疲れた30代OL、妻に先立たれた老人、子供に見捨てられた資産家老女、ある一部屋だけを掃除する汚部屋主婦……。『部屋を片づけられない人間は、心に問題がある』と考えている片づけ屋・大庭十萬里は、原因を探りながら手助けをしていく。この本を読んだら、きっとあなたも部屋を片づけたくなる!