抽出期間:2018.11.05~2018.11.11

1
新着

e-honで注文

ルージュ

誉田 哲也

光文社/本体760円+税

世田谷区祖師谷で起きた母子三人惨殺事件。被害者が地下アイドルだったこともあり、世間の大きな注目を集めていた。真っ先に特捜本部に投入された姫川班だが、遺体を徹底的に損壊した残虐な犯行を前に捜査は暗礁に乗り上げる。やがて浮上する未解決の二十八年前の一家四人殺人事件。共通する手口と米軍関係者の影。玲子と菊田は非道な犯人を追いつめられるのか!?

2
新着

e-honで注文

希望荘

宮部 みゆき

文藝春秋/本体900円+税

3
↓

e-honで注文

スマホを落としただけなのに

志駕 晃 

宝島社/本体650円+税

第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品は、二転三転する恐怖のサイバーサスペンスです!

4
↑

e-honで注文

人魚の眠る家

東野 圭吾

幻冬舎/本体730円+税

「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた播磨和昌と薫子に突然の悲報が届く。娘がプールで溺れた――。病院で彼等を待っていたのは、〝おそらく脳死〟という残酷な現実。一旦は受け入れた二人だったが、娘との別れの直前に翻意。医師も驚く方法で娘との生活を続けることを決意する。狂気とも言える薫子の愛に周囲は翻弄されていく。

5
↓

e-honで注文

日日是好日

森下 典子 

新潮社/本体550円+税

五感で季節を味わう喜び、今ここに自分が生きている満足感、人生の時間の奥深さ……「お茶」に出会って知った、発見と感動の体験記。

6
↓

e-honで注文

コンビニ人間

村田 沙耶香 

文藝春秋/本体580円+税

「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

7
新着

e-honで注文

魔法科高校の劣等生(27)

佐島 勤

KADOKAWA/本体610円+税

西暦二〇九七年七月。激化するパラサイトと光宣との戦いに備え、達也は新魔法『封玉』の完成を目指し鍛錬を続ける。同じ頃、世界規模の魔法師の衝突もある転機を迎えつつあった。南下を開始する新ソ連艦隊が日本に迫る。そして、これを迎え撃つため、一条将輝と吉祥寺真紅郎が行動を開始。果たして因縁の敵を退けられるのか―!?一方、リーナが潜伏する巳焼島に、パラサイトと同化したかつての同胞、スターズが上陸。ついに激突の火蓋が切られるのであった。戦略級魔法師が日本に集結!!物語はクライマックスへと加速していく―。

8
↓

e-honで注文

アンと青春

坂木 司

光文社/本体660円+税

「静岡本屋大賞」を受賞し50万部を超えるベストセラー『和菓子のアン』の続編がついに登場!

9
新着

e-honで注文

あなたが消えた夜に

中村 文則

毎日新聞出版/本体750円+税

10
新着

e-honで注文

ラストライン

堂場 瞬一

文藝春秋/本体750円+税

定年まであと十年のベテラン刑事岩倉剛。五十歳の誕生日の目前、捜査一課より南大田署に配属となった直後に管内で独居老人が殺される。異動の先々で事件を呼ぶと言われる岩倉は、元交番勤務の後輩・伊東彩香と捜査に加わるが、さらに新聞記者の自殺が発覚。二つの出来事に関連はあるのか―。待望の新たな警察小説が誕生!