抽出期間:2018.10.29~2018.11.04

1
→

e-honで注文

沈黙のパレード

東野 圭吾

文藝春秋/本体1,700円+税

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。

2
新着

e-honで注文

流転の海(9) 野の春

宮本 輝

新潮社/本体2,100円+税

自らの父をモデルにした松坂熊吾の波瀾の人生を、戦後日本を背景に描く自伝的大河小説「流転の海」。昭和四十二年、熊吾が五十歳で授かった息子・伸仁は二十歳の誕生日を迎える。「俺はこの子が二十歳になるまでは絶対に死なん」そう誓った熊吾の、大願成就の日を家族三人で祝うが…。熊吾の人生の最期には、何が待ち受けていたのか。妻の房江は、伸仁はどう生きていくのか。そして、幸せとは、宿命とは何だろうか。時代を超えて読み継がれる大河巨篇、完結。

3
→

e-honで注文

下町ロケット ヤタガラス

池井戸 潤

小学館/本体1,500円+税

その技術は誰のためのものなのか――。 佃製作所と「ギアゴースト」&「ダイダロス」との戦いが遂に完全決着! 宇宙から大地へと繋がる壮大な「夢」の物語はいま、クライマックスへ。

4
↑

e-honで注文

コーヒーが冷めないうちに

川口 俊和 

サンマーク出版/本体1,300円+税

お願いします、あの日に戻らせてください―。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。

5
↓

e-honで注文

ポーラの戴冠式

茅田 砂胡 

中央公論新社/本体900円+税

リィが天上世界に帰還して十年。再び訪れたデルフィニアの危機に、時空を超え〝伝説の王妃〟は故国に降り立つ。だが懐かしいデルフィニアの地に滞在したのはわずか五日。

6
↓

e-honで注文

大家さんと僕

矢部 太郎 

新潮社/本体1,000円+税

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

7
↑

e-honで注文

自分を好きになりたい。 - 自己肯定感を上げるためにやってみたこと -

わたなべ ぽん 

幻冬舎/本体1,000円+税

「どうせ私なんて…」から脱するためにやってみた12のこと。

8
↓

e-honで注文

下町ロケット ゴースト

池井戸 潤 

小学館/本体1,500円+税

「佃製作所」社長の佃航平は、取引先からの新型エンジンの採用撤回や、 帝国重工のロケット打ち上げ計画存亡危機により、またしても窮地に立たされる。そんな中、佃は新たな商品開発を思いつくのだが――。

9
↓

e-honで注文

すぐ死ぬんだから

内館 牧子

講談社/本体1,550円+税

78歳の忍ハナは、年を取ることを退化だと考え、美しさや若さを保つ努力を怠らない。『終わった人』の著者が放つ新「終活」小説!

10
新着

e-honで注文

岡村靖幸 結婚への道 迷宮編

岡村 靖幸

マガジンハウス/本体2,000円+税

結婚してる人、するかもしれない人、してた人、しない人。全国民必読の、結婚の「聖典」、対談集第二弾がついに登場!