抽出期間:2018.10.8~2018.10.14

1
新着

e-honで注文

沈黙のパレード

東野 圭吾

文藝春秋/本体1,700円+税

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

2
↓

e-honで注文

下町ロケット ヤタガラス

池井戸 潤

小学館/本体1,500円+税

3
↑

e-honで注文

すぐ死ぬんだから

内館 牧子

講談社/本体1,550円+税

78歳の忍ハナは、年を取ることを退化だと考え、美しさや若さを保つ努力を怠らない。『終わった人』の著者が放つ新「終活」小説!

4
↓

e-honで注文

大家さんと僕

矢部 太郎 

新潮社/本体1,000円+税

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

5
↓

e-honで注文

コーヒーが冷めないうちに

川口 俊和 

サンマーク出版/本体1,300円+税

お願いします、あの日に戻らせてください―。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。

6
↑

e-honで注文

ある男

平野 啓一郎

文藝春秋/本体1,600円+税

愛にとって、過去とは何か? 人は他人の人生を生きることができるのか? 作家・平野啓一郎が、平成の終わりに問う、衝撃の長編小説。

7
↓

e-honで注文

ナナメの夕暮れ

若林 正恭 

文藝春秋/本体1,200円+税

オードリー若林、待望の新エッセイ集! 『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。 雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!

8
↓

e-honで注文

思い出が消えないうちに

川口 俊和 

サンマーク出版/本体1,400円+税

シリーズ100万部突破! 映画化もされたベストセラー、待望の最新刊!

9
↑

e-honで注文

下町ロケット ゴースト

池井戸 潤 

小学館/本体1,500円+税

「佃製作所」社長の佃航平は、取引先からの新型エンジンの採用撤回や、 帝国重工のロケット打ち上げ計画存亡危機により、またしても窮地に立たされる。そんな中、佃は新たな商品開発を思いつくのだが--。

10
↑

e-honで注文

掟上今日子の乗車券

西尾 維新

講談社/本体1,300円+税

忘却探偵探偵シリーズ第11弾!「探偵業の営業活動」と称しボディーガードの親切守を連れ、今日子さんは旅に出たのだが……?!