抽出期間:2018.12.3~2018.12.9

1
→

e-honで注文

日本国紀

百田 尚樹

幻冬舎/本体1,800円+税

2
→

e-honで注文

昨日がなければ明日もない

宮部 みゆき

文藝春秋/本体1,650円+税

杉村三郎vs.“ちょっと困った”女たち。自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザー。『希望荘』以来2年ぶりの杉村シリーズ第5弾!

3
↑

e-honで注文

冥界からの電話

佐藤 愛子

新潮社/本体1,200円+税

ある日、死んだはずの少女から電話が掛かってきた。一度ならず、何度も。そして、生きていた頃と変わりのない声で会話を交わす。一体これは何なのだろう…。死は人生の終点ではない。肉体は消滅しても魂は滅びない。死はつづく世界への段階です。まだ続きがあるのです。著者が実体験から伝える渾身のメッセージ。

4
↑

e-honで注文

フーガはユーガ

伊坂 幸太郎

実業之日本社/本体1,400円+税

5
↑

e-honで注文

オトナのたしなみ

柴門 ふみ

キノブックス/本体1,400円+税

本物の「オトナ」になりたい後輩女子に贈る人気エッセイ!

6
新着

e-honで注文

地面師

森 功

講談社/本体1,600円+税

7
↑

e-honで注文

沈黙のパレード

東野 圭吾

文藝春秋/本体1,700円+税

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。

8
↓

e-honで注文

トラペジウム

高山 一実

KADOKAWA/本体1,400円+税

現役トップアイドルが描くアイドルを目指す女の子の10年間。

9
↓

e-honで注文

大人の流儀(8)

伊集院 静

講談社/本体926円+税

人は何のために生きるのだろう。そのことが少しでも分かれば、人生は違ったものに見えて来る。

10
↓

e-honで注文

熱帯

森見 登美彦

文藝春秋/本体1,700円+税

沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった!謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと、「部屋の中の部屋」…。東京の片隅で始まった冒険は京都を駆け抜け、満州の夜を潜り、数多の語り手の魂を乗り継いで、いざ謎の源流へ―!