抽出期間:2018.4.23~2018.4.29

1
新着

e-honで注文

オーバーロード(13)

丸山 くがね 

KADOKAWA/本体1,200円+税

2
↑

e-honで注文

かがみの孤城

辻村 深月

ポプラ社/本体1,800円+税

あなたを、助けたい。学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

3
↓

e-honで注文

極上の孤独

下重 暁子 

幻冬舎/本体780円+税

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。

4
↑

e-honで注文

業界メガ再編で変わる10年後の日本 - 中堅・中小企業M&Aが再編の主役だ -

渡部 恒郎

東洋経済新報社/本体1,400円+税

M&Aの第一人者が、各業界のプロと描く10年後の業界再編予想。人口減やデジタル化等、変革の中を生きる経営者への提言書。

5
↓

e-honで注文

10年後の仕事図鑑 - 新たに始まる世界で、君はどう生きるか -

落合 陽一/堀江 貴文

SBクリエイティブ/本体1,400円+税

AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ。

6
新着

e-honで注文

高橋愛の韓国本。

高橋 愛

講談社/本体1,200円+税

7
新着

e-honで注文

あやかし草紙 - 三島屋変調百物語伍之続 -

宮部 みゆき

KADOKAWA/本体1,800円+税

人間の愚かさ、残酷さ、哀しみ、業――これぞ江戸怪談の最高峰!

8
↑

e-honで注文

大家さんと僕

矢部 太郎 

新潮社/本体1,000円+税

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

9
↓

e-honで注文

わたしを幸せにする41のルール - 仕事と恋と理想の自分、そのすべてが手に入る -

神崎 恵 

廣済堂出版/本体1,400円+税

ベストセラーを生み続ける美容家・神崎恵の初めての「生き方本」。 「女性はみな、自分を幸せにする強さと賢さを持っている。幸せをぼんやり描くのではなく、幸せが近づいてくるのを待つのでもなく、自分から進み始めたい。この本には、何も持たずにいたわたしが、どう覚悟しなにを選択してきたかを詰め込みました(はじめにより)」

10
↓

e-honで注文

漫画 君たちはどう生きるか

吉野 源三郎/羽賀 翔一

マガジンハウス/本体1,300円+税

旧制中学校に通う15歳の少年コペル君、本名は本田潤一。二年前に銀行の重役であったお父さんを亡くし、今は郊外の小ぢんまりとした家に母親とお手伝いさんと暮らしている。 コペル君はある時、家によく遊びに来る母の弟である叔父さんから一冊のノートを渡される。