本屋さんは面白い本を知っている。 PUSH!1st

[編集部]村田登志江さん
のコメント  [著者]門井慶喜さん
のコメント  トップへ戻る

「おさがしの本は」著者:門井 慶喜

作家 門井 慶喜さん

1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒。
2003年、「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。
近著に、『こちら警視庁美術犯罪捜査班』『若桜鉄道うぐいす駅』『ホテル・コンシェルジュ』『シュンスケ!』などがある。

[著者]門井 慶喜さん
のコメント

本をさがす理由

おさがしの本は [著者]門井 慶喜

図書館のレファレンスカウンター、ご存じですか。
 利用客が来て「こんな本が読みたい」「こんなことを知りたい」などと伝えると、数分ないし数日の調査の上、
「この本でしょうか」
 と差し出してくれる、いわば本のソムリエのいるカウンター。『おさがしの本は』の主人公は、ここであなたの来てくれるのを待っているのです。
つまり私は、本さがしの本が書きたかった。
 なぜなら私も本好きのひとりで、読むのももちろん好きだけれど、それ以上に、さがすほうが好きだからです。少なくともこれまでは、さがすほうに費した人生の時間のほうが長かった。自分でもやや本末転倒という気がしないでもないんですが、その意味で、私は、私の経験をここに存分につぎこみました。

 が、じつを言うと、それは事の反面にすぎません。
『おさがしの本は』のもう一面は、図書館そのものの置かれた社会的情況への挑戦なのです。
 現在、かなりきびしいですよね。どこの自治体でもお決まりの財政難、産業優先、文化施設への予算削減。その影響をまっさきに受けるのが図書館だからです。運営がまるごと民間団体に託されるなどはいいほうで、最悪の場合、図書館そのものが整理の対象になる。つぶされてしまうんです。
私たちの主人公も、そういう「最悪」にみまわれました。
 彼の図書館は死んでしまう。もうすぐこの世から消えてしまう。もしも彼が本好きなら、レファレンスカウンターの仕事をつづけたいなら、彼はみずから図書館を救わなければならないのです。しかし一介の職員に、ほんとうに、そんなことが可能なのでしょうか。
 図書館は、この世になぜ必要なのか。
 それを考えることは、結局、本はなぜ必要なのかを考えることです。その意味で『おさがしの本は』は、私たちが本をさがす理由そのものをさがす本でもあるのです。

ページトップへ

お買い求めは、お近くのブックファーストにあるPUSH!1st 特設コーナーへ。