本屋さんは面白い本を知っている。 PUSH!1st

[編集部]村田登志江さん
のコメント  [著者]門井 慶喜さん
のコメント  トップへ戻る

ゲーテさんこんばんは [著者]池内 紀

作家:池内 紀さん

ドイツ文学者。 1940年、兵庫県姫路市生まれ。 主な著訳書に『ウィーンの世紀末』『生きかた名人』『姿の消し方』 『カフカ短篇集』 ゲーテ『ファウスト』など多数。 本書で第5回桑原武夫学芸賞を受賞。

[編集部] 村田登志江さんのコメント

ゲーテさんこんばんは

ゲーテさんこんばんは [著者]池内 紀

大文豪ゲーテに「さん」をつけて、気軽に「こんばんは」と挨拶する。まるで夕暮れに道で出会った親戚の伯父さんに声をかけるように。「ゲーテ」さんの、ホントは愉しい素顔が次々に面白いエピソードとともに紹介されていく。 天才は生まれつきではなく、パパの教育の賜物。
10代からの恋愛癖、人妻に日に三度恋文を書いたり、74歳で19歳の娘にプロポーズしたり。しかし意中の女性には、いざとなると逃げ腰ばかりの意気地なし。
旅が好きで、諸国を巡っては、森を歩き、山に登り、石を集める。知的好奇心のおもむくままの自由自在な行動派。
小説や詩を書いただけじゃなかったんだ。ゲーテ先生は!
『ファウスト』全訳を果たした池内先生の、翻訳過程で生まれた「ゲーテ万華鏡」と呼びたいような楽しい評伝。山登りが好き、温泉が好きな池内先生がだんだんゲーテに見えてきた。滋味深い四行詩と池内先生の飄逸な挿絵もお楽しみください。

(集英社 文芸編集部 / 村田登志江)

~★ 1/1(水・祝)~2/11(火・祝) お買上げでプレゼント!★~

期間中、店頭で「ゲーテさんこんばんは」お買上げの方に
“著者・池内 紀さん直筆のイラスト入りコメント”をプレゼント!
今しか手に入らない特典です。この機会をお見逃しなく!

ページトップへ

お買い求めは、お近くのブックファーストにあるPUSH!1st 特設コーナーへ。