本屋さんは面白い本を知っている。 PUSH!1st

[編集部]小浜徹也さん
のコメント  [出版部]須貝利恵子さん
のコメント  トップへ戻る

「ぶらんこ乗り」著者:いしいしんじ

作家 いしいしんじさん

1966(昭和41)年大阪生れ。京都大学文学部仏文学科卒。1996(平成8)年、短篇集 『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年、 初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。 2012年『ある一日』で織田作之助賞受賞。『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』 『みずうみ』『四とそれ以上の国』など。現在、京都在住。

[出版部]須貝利恵子さん
のコメント

ぶらんこ乗り

ぶらんこ乗り [著者]いしいしんじ

2000年12月に刊行されたこの物語を、わたしは、2000年から2001年へと日付が移り変わってまもなく読みはじめました。そして21世紀さいしょの元旦の夕方、呆然としながら読み終えました。それまで読んできたどんな物語とも、どんな小説とも、それは似ていませんでした。ほどなくお会いすることになったいしいさんもまた、それまでお会いしたどんなひととも似ていなかった。ちがう時代に生まれていたら、いしいさんは、町や村をめぐりながら、物語をしてあるくひとになっていたような気がします。現代に生きているいしいさんは、やっぱり、歩く物語のようなひとです。『ぶらんこ乗り』は大きな物語に小さな物語がいっぱいつまったつづらのようなお話。この本を読むことは、生きたことのない世界を実際に生きることに等しい。そういう本です。

 (新潮社 出版部/須貝利恵子)

~★ 7/15(月・祝)~8/25(日) お買上げでプレゼント!★~

期間中、店頭で「ぶらんこ乗り」お買上げの方に
“いしいしんじオリジナル・ショート・ストーリー”をプレゼント!
ブックファーストでしか手に入らない貴重な短篇です。この機会をお見逃しなく!

期間中、いしいしんじさん手書きのイラストPOPを、ブックファースト各店で展示します。
全11種のPOPから、どれが展示されているかは見てのお楽しみ♪ぜひ各店にお立ち寄りください。

ページトップへ

お買い求めは、お近くのブックファーストにあるPUSH!1st 特設コーナーへ。